生活の記録

1994 社会人 一人暮らし予定

この道を選んだ訳

進学校高校の先生との進路の面談で

「んーと、楽な仕事がしたいでーす」とふざけたことをかましたJKがいた。私だ。

わたしはそれをこの職だとおもっていた。

 

わざわざ深い苦しみに手は伸ばしたくなくて。

仕事では無理をする必要はない、楽に働いて、少しのお金でのんびり暮らして遊べたなら良いや、と思っていた。

 

その延長線にわたしは今いる。一年目は正直人間関係の酷さにやられたが、今はうまくこなせているので難なし。深い仕事だし、任せられることや、責任も重くて時々くじけているけれど、それなりに慣れてきている。

 

考えればどこまでも深いが、このキャリアでこのくらいならいいんじゃないかというところで手を抜いて 割と楽にいってる気がするよ、、

 

 

ほんとにすみません。