生活の記録

1994 社会人 一人暮らし予定

大人の階段登る

七夕の夜が終わると、わたしの誕生日だ。

 

何かを切り捨てて、

新しいものに手を伸ばして生きている。

大切なものはずっとずっと抱えながら、

不確かに生きている。

 

健康診断で血圧が50 - 80だったのを聞いて

祖父が「死んでるのか生きてるのか」

と大笑いしていた。

 

ほんとうだ、ちゃんと生を謳歌しなければ。

 

波もあるし、無計画なので、

想像できないくらい

突拍子も無いことをして、失敗もするし、

新しい方向へ転がってもゆく。

 

 

そんな今までの日々は長かったのか、

短かったか 良かったのか悪かったのか

今の自分がその答えだな〜

 

「いつまでも歳下でいたい」

という甘えたい気持ちがすごくあって、

歳下から目を背けたくなる時もある。

どんどん歳下は増えて、

歳上は死んで行く世の中がつらい。

学生なんてあっという間だった。

戻りたいのに戻れない。

 

だけど、ちゃんといまを生きなきゃ

そのうち死ぬなあ。

 

 

いつまでも下手なギターと

下手な歌をやっているのか、

みぢかいスカートを履くのか、

ツイッターやってるのか、

とかも少し後ろめたい気持ちは

あるのだけれど、、、

 

もっと、人との関わりとか、

経験値とか、冷静さとか、

考え方の柔軟さとか、言葉選びとか、

大人としての我慢のきく感じとか、

社会にいつまでも反抗してないで、

おとなしく涼しい顔してルールを守れるとか。

 

なんていうんだろうな〜〜内面の大人具合だよなあ。大事なこと、

わたしの未来の理想像に

少しでも近づけるように。

 

いつまでも下手なギターと歌と、

短いスカートは改善しなくちゃ。

上手くなるし、いつまでも

短いスカート履けるスタイル維持。

 

遊ぶ時は思いっきり

子どもに戻ったっていいよね。

 

 

(先生をやってて思うこと)

 

やりたいと思ったこととか、

自分の気持ちを我慢しすぎると、

歳を重ねてから大人げない形で

爆発しちゃうかもしれない。

 

だからいま沸々と湧き上がってくる

「やりたい」をひとつひとつ

消化していくこと。

大事だとおもいます!うむ